原田環境相

レジ袋の有料配布、義務化検討へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原田義昭環境相=首相官邸で2018年10月2日、玉城達郎撮影
原田義昭環境相=首相官邸で2018年10月2日、玉城達郎撮影

 原田義昭環境相は4日、報道各社のインタビューで、海洋汚染が深刻なプラスチックごみの削減のため、小売店などで配布されるレジ袋の「有料化を義務づけるべきではないか」と述べ、実現に向けて検討する考えを示した。関連する業界団体に協力を呼びかける姿勢も示した。

 国内のレジ袋消費量は年間約300億枚とされる。小売業者は容器包装リサイクル法に基づき、有料配布などを通じて消費抑制の努力をするよう求められているが義務で…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集