メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

商工中金不正

国の審査に不備複数 会計検査院が指摘 

 政府系金融機関の商工中金で相次いだ不正の温床となった「危機対応融資」を巡り、国が融資要件の「民間の金融機関による通常の貸し付けが困難な状況」(危機事案)が生じているかを審査する際、民間の金融機関に聞き取りをしないまま認定したケースが複数あることが4日、会計検査院の調べで分かった。

 この融資は、災害や金融危機が起きた際、国が危機事案に該当すると認めれば実行され、国が利子補給や貸し倒れ時の補償をする。窓口の商工中金が業績を伸ばすため不正融資を繰り返していたが、制度の旗振り役を務める国側の問題点も浮かんだ。検査院は「危機の認定に当たっては、可能な限り調査を尽くすべきだ」と指摘している。

 危機対応融資はリーマン・ショックをきっかけとして2008年度に制度化され、これまでに東日本大震災や…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文765文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです