メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大阪大

オプジーボ中止後も影響継続か 副作用対処に

 免疫の働きを利用したがん治療薬「ニボルマブ」(商品名オプジーボ)は、投与中止後も4カ月以上、影響が継続する可能性があると、大阪大の小山正平助教(呼吸器内科学)らのチームが4日、海外の科学誌電子版に発表した。投与をやめても副作用が続く恐れがあり、対処法や抗がん剤との併用効果を検討する上で役立つ成果という。

 オプジーボは、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑京都大特別教授の研究成果を基に実用化された…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文504文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです