メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の台所

築地市場、6日に閉場 食文化築いた83年

建設中の築地市場。弧を描く貨物列車の線路に沿って建物が造られた=1932年撮影(鴻池組提供)

 世界最大級の魚市場を有し「日本の台所」と呼ばれてきた東京都の築地市場(中央区)が6日、豊洲(江東区)への移転に伴い閉場する。1935(昭和10)年に関東大震災からの復興で誕生し、戦争を乗り越え、景気の波にもまれながら、食文化を築いてきた。83年の歩みは、日本社会の激動の歴史そのものと言える。【市川明代】

 江戸時代から300年続いた日本橋魚河岸が23(大正12)年9月の関東大震災で焼け、海軍所有地に臨時…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1151文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです