メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ

木村・倉林組挑む 視覚障害・自転車2人乗り

アジアパラ大会に出場する木村(右)と倉林。ペダルをこぐ際に呼吸を合わせ、頂点を目指す=静岡県伊豆市で2018年9月8日午前10時19分、谷口拓未撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】アジアの障害者スポーツの祭典、アジアパラ大会は6日、当地で開幕する。大会では障害者と健常者が共に挑む種目もあり、その一つが視覚障害の自転車タンデム(2人乗り)。弱視の木村和平(21)=楽天ソシオビジネス、「パイロット」(先導役)として前に乗る健常者の倉林巧和(26)=同=の2人は信頼の絆を力に変え、頂点を目指す。

 木村は北海道帯広市出身。小学3年からサッカーをしていたが、帯広緑陽高1年の時に視力が低下し、競技を…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです