メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイート裁判官

懲戒申し立てで波紋 賛同者は「表現の自由」と声明 「憲法論争」に困惑も

岡口基一裁判官=小川昌宏撮影

 ツイッターで不適切な投稿をしたとして東京高裁から懲戒を申し立てられている岡口基一裁判官(52)の分限裁判を巡り、弁護士や学者の中で「表現の自由を侵害する」と最高裁大法廷(裁判長・大谷直人最高裁長官)に懲戒処分をしないよう求める動きが出ている。最高裁が裁判官の表現行為についてどのような判断をするか注目が集まる中、岡口氏の投稿で「傷付けられた」と訴える人たちからは、表現の自由を巡って法曹関係者が繰り広げる「憲法論争」に困惑の声も漏れる。

 「懲戒申し立ては裁判官の表現の自由、つぶやく自由に対する侵害だ」。今月1日、東京都内で記者会見した…

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1655文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです