メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(10)井浦新VS白石和彌監督対談(下)

 若松プロの新作青春映画「止められるか、俺たちを」が10月13日から、東京・テアトル新宿ほかでいよいよ公開(全国順次公開予定)--。連載中の「若松孝二とその時代」第10回は、本作で若松役を演じた井浦新(あらた)さんと、若松の愛弟子で監督を務めた白石和彌さんの対談の後半をお届けする。プレッシャーの中で始まった井浦さんの役作りは「かけがえのない体験と幸福感」をもたらし、白石監督にとっては「映画が持っている力、映画で何と闘うか」を見つめ直すきっかけになったという。俳優と監督の違いはあっても、気骨あふれる若松DNAを受け継ぐ2人の対談は、日本映画界の進むべき道を照射しているようだった。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3759文字(全文4056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 北九州 海外視察報告、複数市議がブログ写す コピペ否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです