メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(10)井浦新VS白石和彌監督対談(下)

 若松プロの新作青春映画「止められるか、俺たちを」が10月13日から、東京・テアトル新宿ほかでいよいよ公開(全国順次公開予定)--。連載中の「若松孝二とその時代」第10回は、本作で若松役を演じた井浦新(あらた)さんと、若松の愛弟子で監督を務めた白石和彌さんの対談の後半をお届けする。プレッシャーの中で始まった井浦さんの役作りは「かけがえのない体験と幸福感」をもたらし、白石監督にとっては「映画が持っている力、映画で何と闘うか」を見つめ直すきっかけになったという。俳優と監督の違いはあっても、気骨あふれる若松DNAを受け継ぐ2人の対談は、日本映画界の進むべき道を照射しているようだった。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3759文字(全文4056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです