メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(10)井浦新VS白石和彌監督対談(下)

 若松プロの新作青春映画「止められるか、俺たちを」が10月13日から、東京・テアトル新宿ほかでいよいよ公開(全国順次公開予定)--。連載中の「若松孝二とその時代」第10回は、本作で若松役を演じた井浦新(あらた)さんと、若松の愛弟子で監督を務めた白石和彌さんの対談の後半をお届けする。プレッシャーの中で始まった井浦さんの役作りは「かけがえのない体験と幸福感」をもたらし、白石監督にとっては「映画が持っている力、映画で何と闘うか」を見つめ直すきっかけになったという。俳優と監督の違いはあっても、気骨あふれる若松DNAを受け継ぐ2人の対談は、日本映画界の進むべき道を照射しているようだった。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3759文字(全文4056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. 加藤厚労相、新型肺炎に「インフル治療薬アビガン使用を検討」 テレビ番組で表明

  4. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです