メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GAP

五輪に「尾花沢すいか」 県版認証第1号 /山形

 2020年東京五輪・パラリンピックでの食材提供を見据え、食品安全の基準を示した認証制度「県版GAP」の登録証交付式が5日、村山市のJAみちのく村山本店で開かれ、「山形県版GAP研究会」が申請したスイカが認証第1号に決まった。研究会はJAみちのく村山で、すいか生産部会に所属する村山市、尾花沢市、大石田町の12人の農家で構成。世界各国のアスリートにスイカを提供できるようになり、関係者は「五輪は夏場の暑い時期にある。『尾花沢すいか』を世界に発信したい」と機運を高めている。【松尾知典】

 県版GAPの認証機関やまがた農業支援センター(山形市)の阿部清専務理事が、研究会の加藤元和代表(6…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです