メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

司法解剖通じ知る人生 山梨大学医学部法医学講座教授・安達登さん /山梨

安達登さん(52)

 --「司法解剖」という言葉は刑事ドラマではよく聞きます。どのような手続きを経て、何のために行われるのですか。

 ◆司法解剖は、犯罪に巻き込まれた可能性がある遺体の死因を特定するために行います。事件性があると警察が判断した場合、裁判所から許可をもらって遺体を解剖します。

 --法医学の道を志したきっかけは。

 ◆なりたいと思ってなったわけではありません。東北大医学部で整形外科の学位を取得していましたが、人類…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです