社会人野球

日本選手権 組み合わせ決まる 県勢5チーム /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

王子VS日本新薬

東海理化VS室蘭シャークス

三菱重工名古屋VSカナフレックス

JR東海VSホンダ

トヨタ自動車VS新日鉄住金広畑

 第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は5日、大阪市で行われた組み合わせ抽選会で県勢5チームの対戦相手が決まった。

 王子は、大会初日(11月1日)の開幕試合で日本新薬(京都)と対戦。稲場勇樹監督は「(日本新薬は)しっかりと守り、1点を取りにくるチーム。打線は全選手がつなぐ意識を持ち、投手陣は近藤を中心に、中内、若林の活躍が鍵を握る」と意気込んだ。

 2日目(11月2日)の第2試合で室蘭シャークス(北海道)と対戦する東海理化の奥山博之監督は「2年目のエース立野が力を発揮してくれれば。目標は『全国で1勝』」、5日目(11月5日)の第2試合でカナフレックス(滋賀)と戦う三菱重工名古屋の佐伯功監督は「投手陣は先発の勝野、服部らが粘り強く投げ、中継ぎエース西納につなぎたい。日本一を狙って戦いたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文661文字)

あわせて読みたい