メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則さん=木葉健二撮影

 平家物語に、盛者必衰、おごれる人も久しからず、と有名な言及がある。栄えた者も必ず衰えるのだし、地位や財力に思い上がっている人間は、いつか終わる。

 日本の感覚の中に、これらの言葉は自然にあるように思う。だがもう終わるべきタイミングにあることが、いつまでも終わらず続いている。不当な法案の強行採決の連続、モリカケ問題、データの捏造(ねつぞう)、公文書改ざん・破棄、外交の失敗の連続。あらゆることをしても終わろうとせず、自民党総裁は2期とのルールまで変え3期まで始めている。しかしここにきて、さすがに無理が現れている。

 総裁選で、対抗馬の石破茂氏が、党員票の45%を獲得した。前回の総裁選より安倍晋三首相は党員票を伸ば…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです