メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

故郷の記憶たどる 1年かけ向き合い撮影 県出身の藤原敦さん、大津できょうから /滋賀

滋賀県内で初めて写真展を開催する藤原敦さん=大津市円城寺町の三井寺の観音堂書院で、小西雄介撮影

 青少年時代を野洲市で過ごした写真家、藤原敦さん(55)が、岡山県瀬戸内市のハンセン病療養所「長島愛生園」やシングルマザーの生活の写真などを展示する「つくろひ 藤原敦写真展」が6日から、大津市の三井寺(園城寺)の観音堂書院で始まる。【小西雄介】

 藤原さんは岡山県生まれ。小学5年の時から26歳まで野洲市で過ごした。その後、東京でレストランなどを経営していたが、43歳から写真家として活動を始めた。被写体はさまざまで、祖父が暮らした鹿児島の風景や長島愛生園で働いていた親類を8歳の時に訪ねた時の記憶…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです