メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

読書の秋、私の好きな一冊/下

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 ◆超訳ニーチェの言葉 白取春彦訳(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

極限状態で己の心と対話 関西大2年 久保まなさん

 小中学校のころ「読書の時間」は苦痛だった。一面に活字が並んでいるのが、好きになれなかった。ところが現在、私は好んで読書をする。転機は大学受験の後、時間に余裕ができ、母から読書を勧められたことだ。最初に手に取った本は「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(住野よる著)。この本で、本の魅力を知った。主人公の顔立ちや周りの風景などを、頭の中で描くことができた。漫画ではできないことだ。

 私はモトクロスというモータースポーツをしている。丘陵や斜面をバイクで走るスポーツだ。だからスポーツ選手の本もよく読む。テニスのノバク・ジョコビッチ選手の「ジョコビッチの生まれ変わる食事」ではアスリートの食事の大切さに改めて気づいた。

この記事は有料記事です。

残り1776文字(全文2165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです