メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 宝塚・中山五月台小生、介助犬の仕事学ぶ /兵庫

デイジーと触れ合う児童たち=兵庫県宝塚市の市立中山五月台小で、高尾具成撮影

デイジー、すごいね!

 宝塚市立中山五月台小学校(田川隆司校長)で5日、市内在住で「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(58)が「『かいじょ犬ってなぁに?』シンシア、エルモ、そしてデイジーとともに」と題して講演した。4年生12人が補助犬の役割などを学んだ。【高尾具成】

 木村さんは映像を示しながら、身体障害者補助犬法(補助犬法)の原動力となった木村さんの初代介助犬シンシア、2代目エルモ、3代目デイジーとのエピソードなどを説明。「介助犬がいてもできないこともあります。車椅子の人を見かけたら『何かお手伝いすることはあり…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです