メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 宝塚・中山五月台小生、介助犬の仕事学ぶ /兵庫

デイジーと触れ合う児童たち=兵庫県宝塚市の市立中山五月台小で、高尾具成撮影

デイジー、すごいね!

 宝塚市立中山五月台小学校(田川隆司校長)で5日、市内在住で「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(58)が「『かいじょ犬ってなぁに?』シンシア、エルモ、そしてデイジーとともに」と題して講演した。4年生12人が補助犬の役割などを学んだ。【高尾具成】

 木村さんは映像を示しながら、身体障害者補助犬法(補助犬法)の原動力となった木村さんの初代介助犬シンシア、2代目エルモ、3代目デイジーとのエピソードなどを説明。「介助犬がいてもできないこともあります。車椅子の人を見かけたら『何かお手伝いすることはあり…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです