特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

きょう3カ月 倉敷・真備の被災者 生活環境、悩みさまざま /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仮設住宅に入居した梶真人さん(左端)の一家。一つしかないテーブルは食卓にもなり、子どもたちの勉強机にもなる=岡山県倉敷市真備町箭田で、戸田紗友莉撮影
仮設住宅に入居した梶真人さん(左端)の一家。一つしかないテーブルは食卓にもなり、子どもたちの勉強机にもなる=岡山県倉敷市真備町箭田で、戸田紗友莉撮影

 7月の西日本豪雨は6日、県内に大雨特別警報が出されてから3カ月を迎える。甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区では、多くの被災者が避難所を出て、仮設住宅や「みなし仮設」の民間住宅などに移り住んでいる。それぞれの環境で生活する被災者たちの暮らしを見つめた。

仮設住宅 声や足音など苦慮

 会社員の梶真人さん(46)は9月24日から、真備町箭田の真備総合公園に建てられた仮設住宅に家族4人で住んでいる。真備町岡田にあった築1年の自宅は、豪雨で2階床下まで浸水。自宅はリフォームする予定で、工事が終わるまでは仮設住宅で暮らすつもりだ。

 仮設住宅に入居するまで、真人さん一家は岡山市内にある妻加世さん(45)の実家に避難していた。このため、中学1年の長男太陽さん(13)と小学3年の次男桜輔(おうすけ)さん(8)の通学が問題となった。2人の息子を真備町地区へ送り届けるため、加世さんは毎朝6時に家を出発し、片道1時間以上かけて車を運転した。学校が終わったら迎えに行く。息子たちは長時間の通学で疲れているのか、帰りの車中では眠った。家に着…

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文2194文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集