連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

ノーベル平和賞 「性暴力は武器」白日に 根絶を世界に訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノーベル平和賞受賞者を発表するノーベル賞委員会のアンデルセン委員長=5日、AP
ノーベル平和賞受賞者を発表するノーベル賞委員会のアンデルセン委員長=5日、AP

 ノルウェーのノーベル賞委員会は、コンゴ民主共和国の婦人科医師、デニ・ムクウェゲ氏とイラクのヤジディー教徒女性、ナディア・ムラド氏にノーベル平和賞授与を決めた。紛争下で「武器」として使われてきた性暴力の根絶に本腰を入れるよう国際社会に強く訴える狙いがある。反セクハラ運動「#MeToo(私も)」の拡大も機運を後押しした。

 ムクウェゲ氏が性暴力被害者の治療に当たってきたコンゴ東部で取材した2013年、中心都市ゴマの病院で、記者(服部)はレイプ被害に遭った4歳の女児と会った。政府軍兵士とみられる男に襲われたという。「あれ以来、娘は男の人を怖がり、おびえます」と母親は言った。「レイプが家庭や地域社会を破壊する『武器』として用いられている」。国連コンゴ安定化派遣団のワフィ国連事務総長特別副代表(当時)は状況を説明した。

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2183文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集