メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

平和賞なぜノルウェーで? ノーベルの遺言 紛争仲裁に熱心=回答・福永方人

昨年12月のノーベル平和賞授賞式でスピーチする核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長=ノルウェー・オスロ市庁舎で2017年12月10日、竹下理子撮影

 なるほドリ ノーベル平和賞の受賞者は誰(だれ)が選ぶの?

 記者 他の五つの賞はスウェーデンの団体が選考(せんこう)しますが、平和賞だけはノルウェーの国会が任命した元国会議員ら5人でつくる「ノルウェー・ノーベル賞委員会」が選びます。授賞式は首都オスロで開かれます。

 Q なぜノルウェーの委員会なの?

 A ノーベル賞ができるきっかけとなったスウェーデン人の化学者アルフレッド・ノーベル(1833~96年)の遺言(ゆいごん)に基(もと)づいています。ノルウェーは1905年までスウェーデンと連合王国をつくっていたほか、国際紛争の仲介・仲裁(ちゅうさい)に積極的で、中立的に選考できると考えられたようです。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです