メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

安倍4選もあり得るわけ=伊藤智永

総裁4選を果たした自民党大会で、佐藤栄作首相(前列左)と岸信介元首相(同右)、田中角栄幹事長(後列左)

 内閣改造の評判が芳しくない。「派閥配慮の論功行賞」「守りの布陣」「お友達復権」「女性活躍は紅一点へ逆戻り」……。

 自民党総裁選の党員票で石破茂元幹事長に善戦を許し、安倍晋三首相は弱気になっているとの説がある。そんな気配はない。むしろふてぶてしさを増している。

 「ポスト安倍」候補として竹下派の加藤勝信前厚生労働相を党三役へ抜てきした。母親同士が親友で親戚同然に可愛がる弟分をひいきした人情話とは違う。

 安倍首相は折に触れ竹下派に対し、首相になれなかった父・晋太郎元外相の代からの遺恨をのぞかせる。加藤…

この記事は有料記事です。

残り1691文字(全文1942文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです