メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

安倍4選もあり得るわけ=伊藤智永

総裁4選を果たした自民党大会で、佐藤栄作首相(前列左)と岸信介元首相(同右)、田中角栄幹事長(後列左)

 内閣改造の評判が芳しくない。「派閥配慮の論功行賞」「守りの布陣」「お友達復権」「女性活躍は紅一点へ逆戻り」……。

 自民党総裁選の党員票で石破茂元幹事長に善戦を許し、安倍晋三首相は弱気になっているとの説がある。そんな気配はない。むしろふてぶてしさを増している。

 「ポスト安倍」候補として竹下派の加藤勝信前厚生労働相を党三役へ抜てきした。母親同士が親友で親戚同然に可愛がる弟分をひいきした人情話とは違う。

 安倍首相は折に触れ竹下派に対し、首相になれなかった父・晋太郎元外相の代からの遺恨をのぞかせる。加藤…

この記事は有料記事です。

残り1691文字(全文1942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです