メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

コンゴ人医師らに平和賞 性暴力阻止への重い功績

[PR]

 今年のノーベル平和賞は、コンゴ民主共和国の婦人科医師、デニ・ムクウェゲ氏(63)とイラクのヤジディー教徒女性、ナディア・ムラド氏(25)に授与されることになった。

     2人は戦地や紛争地で性暴力を受ける女性の苦難を訴え、残虐非道な行為の根絶を唱えてきた。2人の活動を重んじたノーベル賞委員会の決定には大きな意義がある。

     委員会は授賞理由として「戦争と紛争の武器に性暴力を使うことを止めようとする2人の努力」を挙げた。

     ムクウェゲ氏は1999年以来、コンゴ東部で武装勢力にレイプされた5万人近い女性や少女を治療し、心のケアも施してきた。暗殺未遂にも遭いながら、被害と紛争の実態を国際社会に広く訴えてきた。

     一方、ムラド氏は2014年の学生の頃、イラク北部の村で過激派組織「イスラム国」(IS)に襲撃され、性奴隷として拉致された。ドイツに逃れ、国連などで体験を語り、武装集団を裁くことを求めてきた。

     ムクウェゲ氏が正義を信条とし、コンゴ政府をも批判してきたことを委員会は重視した。ムラド氏が勇気を持って苦しみを語ったこともたたえた。全くその通りだろう。

     世界の紛争地での性暴力は90年代から問題視され、14年に撲滅を目指す初の国際会議が開かれた。だが、アフリカを中心に被害は後を絶たず、状況は改善されていない。

     今回、2人に光を当てることで、過去に十分な支援の手を差し伸べてこなかった国際社会に積極的な救済を促す機会ともなろう。

     また、授賞は2人だけでなく、今も紛争下で生きるコンゴ東部の女性たち、故郷に戻れないヤジディー教徒への励ましの意味をも持つ。

     コンゴ東部では幾多の武装勢力が鉱物資源を支配するため、地域の女性をレイプして家庭やコミュニティーを破壊し、住民を追い出そうとしてきた。

     イラク北部ではISがヤジディー教徒を敵視し、根絶やしにしようと男性を殺し、女性をレイプし、子どもを兵士にした。村は依然、荒廃したままだ。

     世界の性被害者を救い、その原因となっている紛争を一刻も早く止めねばならない。これは国際社会への重大なメッセージである。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

    3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

    4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです