メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞に2氏 紛争地の女性に光

パンジ病院のスタッフらと共にノーベル平和賞受賞決定を喜ぶムクウェゲ氏(中央)=コンゴ民主共和国東部ブカブで5日、AP

 今年のノーベル平和賞は5日、武力紛争下での性暴力について、危険を顧みず防止に取り組んできたコンゴ民主共和国の婦人科医師、デニ・ムクウェゲ氏(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)による被害体験を訴えてきたイラクの宗教的少数派ヤジディー教徒の女性、ナディア・ムラド氏(25)に贈られることになった。後を絶たない性暴力を告発してきた2人の活動の背後には、紛争地でおびえ苦しむ多くの被害女性の存在がある。

この記事は有料記事です。

残り2444文字(全文2646文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです