メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済財政諮問会議

社保費自然増「抑制を」 民間議員がクギ

 政府の経済財政諮問会議が5日開かれ、民間議員が2019年度予算編成で医療、介護など社会保障費の自然増を前年度以下に抑えるよう提言した。19年度の高齢者の増加率が鈍るためで、政府が16~18年度に設定した自然増の目安(年5000億円)よりも抑制するよう求めた形だ。

 政府は6月に策定した新たな財政健全化計画で、高齢化などで膨らむ社会保障費の自然増の目安について「3年で1・5兆円程度」としていた数値目標を削除。「高齢化による増加分に相当する伸びに収める」としたものの、来夏…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです