メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物品貿易協定

日米認識ずれ 農務長官「TPP以上が目標」

 日米両政府が先月、交渉入りに合意した「物品貿易協定(TAG)」を巡り、早くも認識のずれが表面化している。パーデュー米農務長官は4日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)などを上回る農林水産品の関税引き下げを求める考えを示唆。米国の強硬姿勢が鮮明になり、日本は厳しい交渉を迫られそうだ。【加藤明子】

 「日本がEUに与えたのと同等かそれ以上の対応を期待する」。パーデュー氏は4日、ワシントンで開かれた…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1309文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです