メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

65歳以上雇用

財界、人件費増を懸念 「働く環境整備は大事」

未来投資会議で安倍晋三首相の発言を聞く経団連の中西宏明会長(中央)と連合の神津里季生会長(左)=首相官邸で2018年10月5日午後1時3分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が5日、国の成長戦略を議論する「未来投資会議」で「全世代型社会保障」の一環として意欲を示した継続雇用年齢の65歳以上への引き上げについて、経済界は社会保障費の抑制や人手不足の緩和といった観点から一定の理解を示している。だが、人件費増加への懸念は根強く、一律に定年を引き上げるなど強制力のある制度改正には慎重だ。実現には丁寧な議論が求められそうだ。

 「65歳以上の働く環境を整えることは大事。ただ、個人差が非常に大きいので、一律に定年をどうこうするという話ではない」。未来投資会議に出席した経団連の中西宏明会長は、継続雇用年齢の引き上げに賛同したうえで、こうクギを刺した。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです