メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

永沼浩一さん(岩波新書編集長) 岩波新書80年 生き方導く教養を

創刊80年を迎える岩波新書のフェア=東京都千代田区の三省堂書店神保町本店で9月27日

 来月、岩波新書が創刊80年を迎える。これまで果たしてきた役割は何か。今、どんな課題があるのか。永沼浩一編集長(52)に聞いた。

 縦17・3センチ、横10・7センチ。重さは150~200グラム。10万字ほど。通勤・通学の電車内で読めるコンパクトさでありながら、読者が一つのテーマを体系的に理解できる。それが岩波新書だ。他国で翻訳出版される場合、重厚なハードカバーになることもある。永沼さんが「こんなに変わってしまうのか」と驚くほど。それだけ中身が濃いのだ。

 1938年11月に創刊された。前年に日中戦争が勃発。創刊の20点には『天災と国防』(寺田寅彦)、『…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1195文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです