メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 迫る熱戦、準備大詰め きょう開幕、最多43カ国・地域参加

 【ジャカルタ谷口拓未】障害者スポーツの総合大会、アジアパラ大会は6日午後7時(日本時間同午後9時)から当地のブンカルノ競技場で開会式が行われ、熱戦の幕が上がる。

 過去最多の43カ国・地域から約3000人が参加し、13日の閉会式まで8日間の日程で、18競技500種目以上を行う予定。日本はチェスを除く17競技に過去最多となる300人以上の選手が出場。2014年の仁川大会で記録した143個を超えるメダル獲得を目指す。

 5日は気温が30度を超える中、日本の陸上選手たちはブンカルノ競技場に隣接したサブトラックで軽めの調…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです