特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

3カ月 岡山・真備の仲間、離れ離れ 人口7%流出、復興へ足かせ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎週集会を開いていた公民館分館の天井を見上げる中尾研一さん。公民館は被災し、今も使えない状況だ=岡山県倉敷市真備町服部で2018年10月5日、林田奈々撮影
毎週集会を開いていた公民館分館の天井を見上げる中尾研一さん。公民館は被災し、今も使えない状況だ=岡山県倉敷市真備町服部で2018年10月5日、林田奈々撮影

 西日本豪雨で大規模な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区で、被災前と比べ人口が7%減っていることが市のまとめで分かった。地区外へ引っ越し、住民票も移すケースが増えているとみられる。豪雨から3カ月。他の被災地でもコミュニティーを維持できるのか危惧されており、復興へのハードルは高い。

 真備町地区は豪雨前の6月末時点で9006世帯2万2797人が住んでいた。しかし9月末時点で8297世帯2万1206人となり、人口の7%に当たる1591人(709世帯)が減った。この10年の人口増減率はマイナス1%で被災で大きく減った。一方、市内の他地区は人口が計1209人増えており、被災地から流出しているとみられる。

 真備町地区の自宅が被災した男性(80)は地区外にある市内のみなし仮設に移ったが、「人に会うことがだいぶ減った」。被災前は地元クラブでグラウンドゴルフに興じていたが、豪雨で活動休止に。みなし仮設のアパートの住民とはあいさつを交わす程度だ。再び戻る予定の自宅はリフォーム中だが「近隣住民がどれだけ戻ってくるか。町内会をやめてしまおうという人もいる」とため息をつく。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文1095文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集