柴山文科相

「教育勅語」発言 普遍性撤回せず 復活・推奨は否定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 柴山昌彦文部科学相は5日の閣議後記者会見で、教育勅語にはアレンジして道徳に使える普遍性があるとした就任会見での自身の発言について「教育勅語を復活させると言ったわけではない。政府のレベルで現代的にアレンジした形で道徳への活用を推奨することはない」と述べた。「普遍性がある」とした部分に関しては「現在の教育にも通用する内容がある」と強調し、撤回しなかった。

 閣議後会見では「教育は憲法、教育基本法の趣旨を踏まえて学習指導要領に沿った形で行わなければならない。その判断は学校現場がすることだ」と説明。政府が昨年3月に閣議決定した「憲法や教育基本法に反しない形での教材使用は否定しない」との答弁書に沿った主張を展開した。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集