特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

3カ月 避難423人 西日本15府県で死者225人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報から3カ月を迎えた。毎日新聞が被害の大きかった広島、岡山、愛媛の3県の避難者を集計したところ前月から800人近く減り計423人。広範囲で浸水した岡山県倉敷市が最多の341人で、他に同県総社市29人、広島県は坂町22人▽広島市19人▽三原市12人、愛媛県はゼロになった。

 9月に広島県で行方不明者1人の遺体が見つかり、愛媛県で関連死2人も認定され、これらを含め15府県で死者225人、行方不明者は3県で9人となった。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文471文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集