メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

「日本の台所」が閉場 83年の歴史に幕

築地市場業務終了日、鐘が響く中で始まった冷凍マグロの競り=東京都中央区の築地市場で2018年10月6日午前6時1分、竹内紀臣撮影

 世界最大級の魚市場を抱え「日本の台所」と呼ばれてきた東京都中央卸売市場築地市場(中央区)が6日、最終営業日を迎えた。水産・青果の卸売場では最後の競りが行われた。正午には取引を終え、83年の歴史に幕を下ろす。

 すし店などの飲食店が並ぶ市場内の「魚がし横丁」には未明から、多くの人が詰めかけ、あちらこちらに長蛇の列ができた。東京都渋谷区の会社員、宮島彰子さん(33)は友人3人を誘って、コーヒーを飲みに来た。訪れるの…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです