築地市場

「日本の台所」が閉場 83年の歴史に幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
築地市場業務終了日、鐘が響く中で始まった冷凍マグロの競り=東京都中央区の築地市場で2018年10月6日午前6時1分、竹内紀臣撮影
築地市場業務終了日、鐘が響く中で始まった冷凍マグロの競り=東京都中央区の築地市場で2018年10月6日午前6時1分、竹内紀臣撮影

 世界最大級の魚市場を抱え「日本の台所」と呼ばれてきた東京都中央卸売市場築地市場(中央区)が6日、最終営業日を迎えた。水産・青果の卸売場では最後の競りが行われた。正午には取引を終え、83年の歴史に幕を下ろす。

 すし店などの飲食店が並ぶ市場内の「魚がし横丁」には未明から、多くの人が詰めかけ、あちらこちらに長蛇の列ができた。東京都渋谷区の会社員、宮島彰子さん(33)は友人3人を誘って、コーヒーを飲みに来た。訪れるの…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

ニュース特集