メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

さらば「日本の台所」 83年の歴史に幕

築地市場最終営業日、生鮮マグロの最後の競りを前に品定めする仲卸業者たち=東京都中央区の築地市場で2018年10月6日午前4時55分、竹内紀臣撮影

 世界最大級の魚市場を有し「日本の台所」と呼ばれてきた東京都中央卸売市場築地市場(中央区)が6日、最終営業日を迎えた。水産・青果の卸売場では最後の競りがあり、惜しまれながら正午で取引を終えた。移転先の豊洲市場(江東区)は5日後の11日に開場し、83年の歴史が刻まれた築地市場は解体される。

 この日、水産卸売場ではマグロの競りを前に、大勢の仲卸業者らが特別な日にする一本締めをした。午前6時すぎ、「カランカラン」と競りの開始を告げる鐘の音が響き渡ると、競り人が威勢のいい掛け声でつり上がる値段を唱え、ずらりと並んだマグロが次々と競り落とされた。取引された874本の最高値は青森県大間産の生鮮マグロ(162.4キロ)の438万5000円。正午で営業を終え、市場に入る約900の事業者が本格的な引っ越し作業に取りかかった。

 築地市場は1935(昭和10)年、関東大震災で焼失した日本橋の魚市場と京橋にあった青物市場を統合して開場した。敷地面積は東京ドーム五つ分の約23ヘクタール。全国から生鮮品を運ぶ長い貨物列車を限られた敷地に引き込むため、線路が大きな弧を描いて敷かれ、それに沿って造られた扇状の水産仲卸売場棟が特徴だ。

 1日当たりの取扱量は水産と青果を合わせ2500トン(取扱額19億円)。このうち水産物は世界最大規模の1500トン(同16億円)に上る。国内外から集まる魚の品質を見極め、値を付ける仲卸業者らの「目利き」が築地ブランドを築き、日本の食文化を支えてきた。

 ただ、近年は売り手と買い手による一対一の「相対取引」が一般化して、全国の相場を作ってきた築地の「競り」はマグロやウニなど一部に縮小した。市場を通さず産地と小売業者が直接取引する「市場外流通」が増え、水産物取扱量はピークだったバブル期の87年の年間81万トンから半減した。

 施設の老朽化や鮮度管理の向上から約30年前に再整備することが決定。築地での建て替え断念や、小池百合子都知事が土壌汚染の懸念を理由に移転を2年延期するなど曲折があった。

 豊洲市場が開場する11日には、都が築地の解体工事に着手する。2020年2月までに解体を終え、跡地は同年7月に開幕する東京五輪・パラリンピックで、選手らを競技会場に運ぶ車両の駐車場にする。一部は五輪開催時に都心と競技施設が集まる臨海部を結ぶ幹線道路「都道・環状2号線」の用地としても活用する。東京大会後の跡地の使い道は決まっていない。

 一方、市場に隣接する商店街「築地場外市場」は営業を続ける。【森健太郎、竹内良和】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです