メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

さらば「日本の台所」 83年の歴史に幕

 世界最大級の魚市場を有し「日本の台所」と呼ばれてきた東京都中央卸売市場築地市場(中央区)が6日、最終営業日を迎えた。水産・青果の卸売場では最後の競りがあり、惜しまれながら正午で取引を終えた。移転先の豊洲市場(江東区)は5日後の11日に開場し、83年の歴史が刻まれた築地市場は解体される。

 この日、水産卸売場ではマグロの競りを前に、大勢の仲卸業者らが特別な日にする一本締めをした。午前6時すぎ、「カランカラン」と競りの開始を告げる鐘の音が響き渡ると、競り人が威勢のいい掛け声でつり上がる値段を唱え、ずらりと並んだマグロが次々と競り落とされた。取引された874本の最高値は青森県大間産の生鮮マグロ(162.4キロ)の438万5000円。正午で営業を終え、市場に入る約900の事業者が本格的な引っ越し作業に取りかかった。

 築地市場は1935(昭和10)年、関東大震災で焼失した日本橋の魚市場と京橋にあった青物市場を統合し…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1061文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです