連載

築地閉場

「日本の台所」と呼ばれてきた築地市場(東京都中央区)が2018年10月6日、豊洲市場(江東区)への移転に伴って閉場する。83年の歴史が詰まった魚河岸の風景を記憶にとどめたい。

連載一覧

築地閉場

涙と笑顔、華やぎ終幕 ウニは史上最高16万円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 無秩序に行き交う小型運搬車のターレや手押しの小車、売り場に漂う浜のにおい、魚を入れたトロ箱のきしむ音……。閉場日を迎えた築地市場には、83年間変わらぬ表情があった。働く人たちは、どこかはしゃいで見えた。まるで、この瞬間を楽しんでいるかのように。

 午前4時半。ウニの競り場に続々と仲卸たちが集まってきた。卸売会社の競り人たちが、かしこまった顔で壇上に並ぶ。「ここで育ててもらいました。『お疲れ様、ありがとう』。そう言いたいと思います」。あいさつの後、一本締め。やがてジリリリとベルが鳴り、いつものように競りが始まった。

 競り人の声に応じ、屋号の入った帽子をかぶる仲卸たちが、狙いを定めた品番に手を上げる。すぐそばで、小さな子どもを連れた家族や仲間たちが、最後の姿を収めようとカメラを構えた。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文957文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集