メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地閉場

「食」は人を良くすると書く…父の教え刻む仲卸

 日本一の魚河岸・築地市場(東京都中央区)が83年の歴史に幕を下ろした。開場5年後の1940年に創業した水産仲卸「大芳(だいよし)」の3代目社長、宇田川浩さん(57)は、築地に「目利き」として育てられ、今は30人の従業員を率いている。「万感の思い。83年間、お疲れさまと言いたい」。涙ぐみながら、この日が月命日の父が愛した場所に別れを告げ、豊洲へと思いをはせた。

 午前8時半。ウニやハマグリ、カキなど100種を超える魚介類が店先に並ぶ。「これまでありがとね」「豊…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです