メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際体操連盟

パワハラ・セクハラ通報の独立窓口、開設へ

 国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長は5日、国際オリンピック委員会(IOC)がブエノスアイレスで開いたフォーラムの討論会で講演し、各国で相次ぐ指導者の暴力やパワハラ、セクハラ被害の再発防止策としてFIGから独立した通報窓口を来年1月に開設する計画を発表した。基金設立にFIGが約2億円を拠出する計画。

 全世界の体操選手が利用可能で、通報を受けて当該国の警察や弁護士に事実確認を依頼。刑事、民事の判断が…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです