メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易交渉

TAG巡り、日米の認識のずれ早くも表面化

 日米両政府が先月、交渉入りに合意した「物品貿易協定(TAG)」を巡り、早くも認識のずれが表面化している。パーデュー米農務長官は4日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)などを上回る農林水産品の関税引き下げを求める考えを示唆。米国の強硬姿勢が鮮明になり、日本は厳しい交渉を迫られそうだ。

 「日本がEUに与えたのと同等かそれ以上の対応を期待する」。パーデュー氏は4日、ワシントンで開かれた会合でこう発言。「米国の目標は原則、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)プラスになる」とも述べた。

 日米両政府は先月の首脳会談で、農産物や鉱工業品など物品の関税引き下げを主とする新たな交渉に入ること…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1300文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです