メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易交渉

TAG巡り、日米の認識のずれ早くも表面化

 日米両政府が先月、交渉入りに合意した「物品貿易協定(TAG)」を巡り、早くも認識のずれが表面化している。パーデュー米農務長官は4日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)などを上回る農林水産品の関税引き下げを求める考えを示唆。米国の強硬姿勢が鮮明になり、日本は厳しい交渉を迫られそうだ。

 「日本がEUに与えたのと同等かそれ以上の対応を期待する」。パーデュー氏は4日、ワシントンで開かれた会合でこう発言。「米国の目標は原則、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)プラスになる」とも述べた。

 日米両政府は先月の首脳会談で、農産物や鉱工業品など物品の関税引き下げを主とする新たな交渉に入ること…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです