メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

サンフランシスコ市長 慰安婦像の展示継続の考え

 米サンフランシスコ市のロンドン・ブリード市長は4日、声明を発表し、市内に設置された旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像を撤去せず、今後も展示を続ける考えを示した。ブリード氏が少女像についての考えを表明したのは初めて。

 少女像に関して反発する大阪市の吉村洋文市長が、1957年に結ばれた姉妹都市関係の解消を伝える書簡を送付したことについては「人々の間に60年以上も続いた関…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです