メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞の2氏 紛争と性暴力世界に告発し続け

サハロフ賞を受賞して手を振るデニ・ムクウェゲ氏=フランス・ストラスブールで2014年11月、AP

 今年のノーベル平和賞は5日、武力紛争下での性暴力について、危険を顧みず防止に取り組んできたコンゴ民主共和国の婦人科医師、デニ・ムクウェゲ氏(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)による被害体験を訴えてきたイラクの宗教的少数派ヤジディー教徒の女性、ナディア・ムラド氏(25)に贈られることになった。後を絶たない性暴力を告発してきた2人の活動の背後には、紛争地でおびえ苦しむ多くの被害女性の存在がある。

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです