メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞の2氏 紛争と性暴力世界に告発し続け

サハロフ賞を受賞して手を振るデニ・ムクウェゲ氏=フランス・ストラスブールで2014年11月、AP

 今年のノーベル平和賞は5日、武力紛争下での性暴力について、危険を顧みず防止に取り組んできたコンゴ民主共和国の婦人科医師、デニ・ムクウェゲ氏(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)による被害体験を訴えてきたイラクの宗教的少数派ヤジディー教徒の女性、ナディア・ムラド氏(25)に贈られることになった。後を絶たない性暴力を告発してきた2人の活動の背後には、紛争地でおびえ苦しむ多くの被害女性の存在がある。

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです