メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

休眠預金

民間団体から異論噴出 公益活動への活用を前に

休眠預金等活用制度の流れ

 金融機関の口座で10年以上出し入れがない「休眠預金」。ちりも積もれば……で、毎年700億円前後も発生している。海外ではこの「宝の山」を福祉などに活用する例もある。日本でも民間団体の公益活動に使う法律が2016年に成立し、休眠預金の活用制度が始まろうとしている。だが、資金を受け取る側の民間団体から制度への異論が噴出している。どうなっているのか。【中川聡子/統合デジタル取材センター、馬渕晶子/地方部】

この記事は有料記事です。

残り3920文字(全文4121文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです