メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

マスコットくっきり 分離直後の撮影に成功

小惑星リュウグウへ向かって降下する着陸機マスコット(左上)を探査機はやぶさ2が撮影した画像。2018年10月3日午前10時58分14秒に撮影された=宇宙航空研究開発機構、東京大など提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、小惑星探査機「はやぶさ2」から分離された直後のドイツとフランスの小型着陸機「マスコット」の撮影に成功したと発表した。はやぶさ2が搭載している広角カメラで撮影した。分離直後の画像では、小惑星リュウグウへ降りていく直方体のマスコットの機体がくっきりと写っていた。

 はやぶさ2は3日午前10時57分、ドイツ航空宇宙センター(DLR)とフランス国立宇宙研究センター(CNES)が開発した縦横約3…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです