メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア至宝展

開会式に300人 7日から東京富士美術館

ロシア絵画の至宝展でテープカットするミハイル・ガルージン駐日ロシア連邦大使(左から3人目)、原田稔・東京富士美術館名誉会長(同4人目)ら=東京都八王子市で2018年10月5日、宮本明登撮影

 国立ロシア美術館が所蔵する名画を集めた「ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛-アイヴァゾフスキーからレーピンまで」(毎日新聞社など主催)が7日、東京都八王子市谷野町の東京富士美術館で開幕する。これに先立ち開会式が5日、同美術館であり、ミハイル・ガルージン駐日ロシア大使が「日露両国の相互交流年に行われる事業であり格別にうれしい」とあいさつ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです