茨城

給食牛乳で児童ら1014人から異臭訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 茨城県教育委員会は5日、県内の小中学校などで4日に出された給食の牛乳を飲んだ児童・生徒ら1014人から異臭などの訴えがあったと発表した。18人が体調不良を訴えたが、病院には行かず、症状は軽いという。昨年6月にも同じ業者の牛乳で同様の訴えがあった。

 県教委などによると、この牛乳は「いばらく乳業」(水…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

あわせて読みたい

ニュース特集