メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風塩害

JRなども 海水で電線絶縁体ショート

マイクを使って運転見合わせについて説明し、「ご迷惑をおかけします」と話す駅員=千葉県成田市の京成電鉄成田空港駅で2018年10月5日午後0時15分、中村宰和撮影
塩害による停電のメカニズム

 千葉県などの複数の鉄道で5日、送電線から火花が出るなどし、列車の運休が相次いだ。京成電鉄では朝から全線運休となり、約10時間後の夜に東京都心と成田空港を結ぶ「スカイライナー」など一部区間で運転が再開された。千葉市のJR千葉駅でも早朝、列車のパンタグラフから火花が発生し、外房線など計8路線で最大3時間40分の遅れや運休が出た。東武野田線でも電気設備から火花が出て一部区間で運休した。

     台風24号の強風で吹き付けられた海水の塩分による「塩害」が原因とみられる。

     京成電鉄では3日夜から4日朝にかけても塩害が原因とみられる停電で一部区間が運休。5日は午前7時45分ごろ、千葉市中央区の京成線西登戸駅に停車中の列車が送電トラブルにより異常を感知し、一部区間で停電。午前8時10分~同9時半ごろ、千葉県船橋市や東京都江戸川区にある京成線の電線でも火花が発生し、全線で運転を見合わせた。同社は6日朝の始発から通常通り運行する予定。

     東京電力によると、塩害は塩水が電気を通しやすいために起こる現象。横浜国立大の西村誠介名誉教授(電子工学)は、台風の強風により海水の塩分が空気中に飛ばされ、電線を電柱に固定して支えるための絶縁体「碍子(がいし)」に付着したことが原因となった可能性を指摘する。付着後、雨や湿気で碍子がぬれて塩水となり、通電してショートしやすくなるという。台風24号で碍子など電気設備に塩分の付着が確認されたのは、静岡▽神奈川▽東京▽千葉▽茨城--の5都県に上った。

     また千葉県内のJAによると、塩害による農作物の被害も確認。塩分が付着して枯れる被害はこれまでの台風でも度々起きており、今回は銚子市と旭市の計386ヘクタールで約8億7000万円の被害があった。【秋丸生帆、町野幸、近藤卓資、飯田憲】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 新聞協会 74紙に全面広告 Koki,さんがメッセージ
    3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    4. オセロ 世界一に11歳の福地さん 歴代最年少
    5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです