メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風塩害

JRなども 海水で電線絶縁体ショート

マイクを使って運転見合わせについて説明し、「ご迷惑をおかけします」と話す駅員=千葉県成田市の京成電鉄成田空港駅で2018年10月5日午後0時15分、中村宰和撮影

 千葉県などの複数の鉄道で5日、送電線から火花が出るなどし、列車の運休が相次いだ。京成電鉄では朝から全線運休となり、約10時間後の夜に東京都心と成田空港を結ぶ「スカイライナー」など一部区間で運転が再開された。千葉市のJR千葉駅でも早朝、列車のパンタグラフから火花が発生し、外房線など計8路線で最大3時間40分の遅れや運休が出た。東武野田線でも電気設備から火花が出て一部区間で運休した。

 台風24号の強風で吹き付けられた海水の塩分による「塩害」が原因とみられる。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです