台風塩害

JRなども 海水で電線絶縁体ショート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マイクを使って運転見合わせについて説明し、「ご迷惑をおかけします」と話す駅員=千葉県成田市の京成電鉄成田空港駅で2018年10月5日午後0時15分、中村宰和撮影
マイクを使って運転見合わせについて説明し、「ご迷惑をおかけします」と話す駅員=千葉県成田市の京成電鉄成田空港駅で2018年10月5日午後0時15分、中村宰和撮影

 千葉県などの複数の鉄道で5日、送電線から火花が出るなどし、列車の運休が相次いだ。京成電鉄では朝から全線運休となり、約10時間後の夜に東京都心と成田空港を結ぶ「スカイライナー」など一部区間で運転が再開された。千葉市のJR千葉駅でも早朝、列車のパンタグラフから火花が発生し、外房線など計8路線で最大3時間40分の遅れや運休が出た。東武野田線でも電気設備から火花が出て一部区間で運休した。

 台風24号の強風で吹き付けられた海水の塩分による「塩害」が原因とみられる。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文750文字)

あわせて読みたい

注目の特集