メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

大会初となる南北合同入場行進へ

入村式を終えて笑顔を見せる北朝鮮選手団の選手ら=ジャカルタ市内で2018年10月4日午前9時23分、谷口拓未撮影

 【ジャカルタ成田有佳、谷口拓未】アジアの障害者スポーツの祭典、第3回アジアパラ大会は6日、インドネシアの首都ジャカルタで開幕する。今大会は韓国と北朝鮮が水泳と卓球で合同チームを結成。同日夜の開会式では大会初となる南北合同入場行進を予定しており、選手村では両国関係者が交流し、融和ムードを漂わせている。

 ジャカルタ市内の選手村では、4日に北朝鮮選手団の入村式が開かれた。選手たちは地元の歓迎に笑顔で手を…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文811文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです