メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

大会初となる南北合同入場行進へ

入村式を終えて笑顔を見せる北朝鮮選手団の選手ら=ジャカルタ市内で2018年10月4日午前9時23分、谷口拓未撮影

 【ジャカルタ成田有佳、谷口拓未】アジアの障害者スポーツの祭典、第3回アジアパラ大会は6日、インドネシアの首都ジャカルタで開幕する。今大会は韓国と北朝鮮が水泳と卓球で合同チームを結成。同日夜の開会式では大会初となる南北合同入場行進を予定しており、選手村では両国関係者が交流し、融和ムードを漂わせている。

 ジャカルタ市内の選手村では、4日に北朝鮮選手団の入村式が開かれた。選手たちは地元の歓迎に笑顔で手を…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです