メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

安住アナ「異例」の代打指名、MBS福島アナの「謎の魅力」と異色の経歴

安住紳一郎アナウンサーの代打を務める大阪・MBSの福島暢啓アナウンサー=MBS提供

7日午前・TBSラジオ「日曜天国」

 TBSの安住紳一郎アナウンサーは「好きなアナウンサーランキング」で常に上位の人気者。生放送のワイド番組、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(午前10時)も6月の首都圏聴取率調査(ビデオリサーチ調べ)で1位、8月調査でも同率5位と、こちらも絶好調だ。その「日曜天国」、7日は安住アナがお休み。そこでピンチヒッターとして登場するのが、大阪・MBSの福島暢啓(のぶひろ)アナウンサーだ。

 ラジオの場合、アナウンサーが休みで代打となると、後輩アナウンサーの起用が定番。それがなぜ、テレビ、ラジオでTBSとネットを組んでいるMBSの福島アナなのか。

この記事は有料記事です。

残り1750文字(全文2038文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです