メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

福島アナに聞く「ワクワクと恐怖が入り交じってます」

安住紳一郎アナウンサーの代打を務める大阪・MBSの福島暢啓アナウンサー=MBS提供

 7日のTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(午前10時)にピンチヒッターとして登場するMBSの福島暢啓(のぶひろ)アナウンサー。質問と答えは以下の通り。

 --おそらく福島さんのことをご存じの方が少ない東京の局で、そして聴取率が好調な安住さんの番組の代打ということで、普段のお仕事とは違う意気込みがあると思いますが、いかがですか。

 福島アナ 「日曜天国」は学生時代から聴いていた(ポッドキャストでですが)番組なので、ご指名いただいた時は天にも昇る心地でしたが、ここ最近ワクワクと恐怖とが入り交じって、とても据わりの悪い精神状態が続いています。

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1295文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです