メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

学校避難所、退所へ 授業使用で18世帯41人 真備・二万小 /岡山

避難所から退所するため荷造りをする男性=岡山県倉敷市真備町上二万で、益川量平撮影

 西日本豪雨の被害を受け、倉敷市真備町上二万の二万小学校体育館の避難所に身を寄せていた被災者が、連休明けまでに全員退所することになった。二万小は大きな被害はなく、校庭に建てられたプレハブの仮設校舎に箭田小児童が9日から通学する。退所は、学習環境を整えるためで、被災者は「子どもたちのためには仕方がない」と荷造り作業を進めている。【益川量平】

 市によると、6日現在、二万小の避難所では18世帯、41人が生活。全員が移転先の仮設住宅が決まってい…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文626文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです