特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

3カ月 島田川流域に重い課題 住民、ハザードマップ活用不十分/県、河川改修での対策に限界 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 7月の西日本豪雨で、県東部の島田川流域は、堤防の決壊などにより民家や田畑が甚大な浸水被害を受けた。県の河川改修工事などハード面での対策の限界や、住民避難の指針となるハザードマップの活用などの課題が突きつけられた。豪雨から6日で3カ月が経過し、水害からどう地域を守るか、地元自治体や住民は重い問いに直面している。【真栄平研】

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1600文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集