星空の街・あおぞらの街全国大会

参加者、環境保全誓う 久子さま「考え、実行を」 高松 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
お言葉を述べられる高円宮妃久子さま=高松市サンポートのかがわ国際会議場で、山口桂子撮影
お言葉を述べられる高円宮妃久子さま=高松市サンポートのかがわ国際会議場で、山口桂子撮影

 「第30回星空の街・あおぞらの街」全国大会が6日、高松市サンポートのかがわ国際会議場で開かれた。大会には高円宮妃久子さまも出席され、参加者は将来にわたって自然環境を守り続けることを誓った。

 全国大会は環境省などが主催。環境保全や、その地の環境を生かした地域作りを目的に1989年から毎年各地で開かれており、県内では初めての開催となる。

 この日は保全活動などに携わる団体・個人を表彰。団体の部では、校舎を再活用し天体観測の魅力を発信し続けている「天体望遠鏡博物館」(さぬき市)が、個人の部は九つの彗星(すいせい)を発見している観音寺市の藤川繁久さんが、全国協議会会長賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文424文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集