メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

盲導犬と歌う教諭(その1) 共に認め合う日まで

 ギターを抱えたミュージシャンが盲導犬に導かれて登場すると、通りがかりの人たちが足を止め、スマートフォンを向け始めた。

 9月9日の昼下がり。東京・渋谷では、各所で街頭ライブを展開する音楽フェスティバル「渋谷ズンチャカ!」があり、いつにも増してにぎやかだった。京王井の頭線渋谷駅近くの複合施設の1階に設けられたステージ。栗山龍太(りょうた)さん(42)がハーネス(胴輪)から左手を離すと、アンジー(雌、3歳)は慣れた様子で足元に伏せた。

 「僕は今から歌う『リアルビクトリー』を皆さんに届けたくて、きょう渋谷に来ました。パラアスリートを応…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文769文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです