米中間選挙2018

投票まで1カ月 共和下院、少数派転落か 「トランプ政治」評価割れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
上・下院議員選の情勢
上・下院議員選の情勢

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領の今後の政権運営や再選戦略を大きく左右する中間選挙(11月6日)まで1カ月を切った。トランプ氏の過激な言動と政策により米政治・社会の分断が加速し、「トランプ政治」への国民の評価は大きく割れる。与党・共和党が上下両院で多数派を維持できるかが焦点だが、下院は民主党が多数派を奪還するとの見方も出ている。

 「人々は民主党による怒りと破壊の政治を拒絶するだろう。犯罪と増税を支持する政党だ」。トランプ氏は4日、中西部ミネソタ州で開いた選挙集会で民主党攻撃を繰り返し、「偉大な米国の追求を続けるのか、後退するのか、選択する選挙だ」と呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2113文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集