メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

伊能忠敬に学ぶ 「人生、二山」今に伝える

東京・深川の富岡八幡宮にある伊能忠敬像。忠敬は毎回お参りして測量に出発した=東京都江東区で

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 江戸時代に日本初の実測地図を作った伊能忠敬は、事業家としての前半生、測量家としての後半生と二つの人生を歩んだ。今年、没後200年を迎え、「人生、二山」の生き方が見直されている。時を超えて輝く「中高年の星」に学びたい。

 ●没後200年迎え注目

 1745年、忠敬は上総の国の小関村(現・千葉県九十九里町小関)の名主の第3子として生まれた。幼名は三治郎。数学や医学に興味を持っていた少年だった。17歳の時、佐原村(現・同県香取市佐原)で酒造業を営んでいた伊能家に婿入りする。

 佐原は房総と江戸を結ぶ物流の結節点として栄え、忠敬は若いうちから商人としての才覚を発揮していく。香…

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2471文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです